ROS Japan UG #14 International Meetup

Tokyo ROS Meetupの管理者の方 @surfertas さんと企画を進めてきた共同イベントが公開されました。

https://rosjp.connpass.com/event/66671/

今回のイベントは英語メインのかなり尖ったイベントです。

試験的に参加費を事前にとる方式を取ってみました。社会人1,000円、学生500円の参加費が必要ですが、お菓子や飲み物などの購入に充てられます。 余った分は次回以降のイベント運営に使わせてもらいます。 今月は忙しくできませんが、近いうちにSlackにPaypal残高や領収書などを載せるようにして、明朗会計を目指します。 完全性を目指すと僕自身しんどいので、ある程度温かく見守りください。

参加費を取った分、初日の申込み人数が抑えられ、僕としては結果的にいい影響を与えていると思います。 これまでの先着順の無料イベントだと、当日の予定はわからないけど、とりあえず申し込んでおこう、みたいな人が相当数いたかと思います。 そのため、大量の前日、当日キャンセルに悩まされましたが、お金を出す分、参加するモチベーションも上がるのではないでしょうか。 参加費を事前に集めることができれば、軽食の購入に赤字を出すこともありません。

参加率向上にもポジティブな影響が与えられることを願います。

osrf/ros2:r2b2-core

ROS2のOSRF公式Dockerイメージが帰ってきました!

https://hub.docker.com/r/osrf/ros2/

以前僕が出したROS2 Beta2イメージビルド復活のためのプルリクエストは、いろいろ理由あって自らクローズしたのですが、僕の知らないうちに、そのブランチから作業を継続してくれていて、今に至っているようです。

そしてそして、OSRFのGitHubレポジトリのコントリビュータの2人目に僕の名前があるじゃないですか!めっちゃ嬉しいです。

https://github.com/osrf/docker_images/graphs/contributors

これでLinuxだろうがWindowsだろうがmacOSだろうが、Docker Machineに対応していたら、コマンド一発で最新ビルドのROS2がまた遊べるようになりました。

% docker run -it --rm osrf/ros2:r2b2-core
root@32a8f2f417ea:/# ros2 run demo_nodes_cpp talker
Publishing: 'Hello World: 1'
Publishing: 'Hello World: 2'
Publishing: 'Hello World: 3'

osrf/ros2:r2b2-ros1-bridgeというタグもあり、ROS1とROS2のブリッジもコンテナで実行できるようです。 これはビルドにメモリをとても食うので、公式イメージがすでにあると助かります。

次回はosrf/ros2:r2b2-ros1-bridge, osrf/ros2:r2b2-core, ros/kineticの3つのコンテナイメージを使って

http://ros.youtalk.jp/2017/06/09/ros1-ros2-bridge-demo.html

と同じことができるかどうか、Docker Composeを使って試してみます。